歴史・史跡

A.下那珂神社

城ヶ峰の西、成枝地区に祭られている下那珂地区の総社であり、その創建は古く天徳2年(958)都万つま神社祠官日下部くさかべ盛俊が那珂郡郡司職のとき奉祭されたと伝えられている由緒ある神社です。祭神は木花開邪姫このはなさくやひめ命・大山祇神諾乙尊おおやまぎのみこと天児屋根尊あまのこやねのみことで、江戸時代までには生井田なりいだ大明神と呼ばれていましたが明治後には下那珂神社と改められました。

(参考文献 「佐土原町史」・「佐土原町の文化財」)

B.胸薬師

岡地区にある胸薬師は建長5年(1253)の創建と伝えられ、祭神は衆生の病気・災厄を除くという薬師如来です。境内にわき出る清水を飲むと治癒効果があると伝えられ、毎年1月8日と旧暦の1月8日には旗が立ち、地区の人々がお餅をお供えして初祭をします。

境内には六地蔵憧ろくじぞうしょうが建てられ、次の銘文が読み取れます。

田中善智逆修善根也  天正九年辛巳
春属七世息所同証菩提 七月初五日敬立

(参考文献 「佐土原町の文化財」)

C.平小牧臼太鼓踊り

水難除けと五穀豊穣を祈願して平小牧地区の4ヶ所の水神様と稲荷神社に「臼太鼓踊り」が奉納されます。旧歴8月15日に奉納されるので十五夜踊りといわれ、地区の横山真澄という人が西都市三財から移入したといわれています。

赤と青の矢旗織を背負い、締め太鼓を首にかけ、鉦と囃子に合わせて踊ります。踊り手は16人。他に唄い方3人と鉦方4人。「立端」「佐土島」「まつせい」「せき」などの演目がります。

昭和60年11月3日旧佐土原町文化功労(芸術部門)受賞。

(参考文献 「ふるさとまつり歳時記」)

おすすめ記事

  1. ホームページの閉鎖(令和2年3月31日) 長らくご愛顧頂きました「広瀬西小校区地域づくり協議会」 …
  2. 第11回芸能文化まつりについて中止する事と致します。 出演を予定されていた方、作品の出展を予定…
  3. 宮崎県埋蔵文化財センター主催の「出前講座開催」 令和元年12月7日(土)午前10:00~埋蔵文化財…

スポンサー紹介

  1. 2019-10-18

    令和元年第14回ウォーキングフェスタ開催(グループ写真)

    令和元年10月14日(祝日)に開催された第14回ウォーキングフェスタの グループ写真です。 情報部…
ページ上部へ戻る